« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

子供を早く寝かせて成績を上げる方法

前回、「子供を早起きさせて学校の成績を上げる方法」を記したのですが、理屈は分かったとしても、どうやって子供たちを早く寝かせるか?ですよね。我が家も主治医である小児科の真弓定夫先生に教わった通りにしています。我が家では以下4つを実践していますので紹介します。

≪我が家、6歳の男の子と3歳の女の子の場合≫

    6時ごろには夕食、その前後には風呂を済ませる

②テレビは夜8時までにする。

ここでテレビを一旦消します、親も見ません。見たければ子供が寝るまで我慢します。

    家中の照明を落とし暗くして、寝るぞーという雰囲気づくりをします。

④子供が自分たちだけで寝れない場合は親も一旦一緒に布団に入って寝かしつけます。(これはオリジナルです)

(ちなみに、私は子供が寝た後起きれますが、妻は8~9割の確立でそのまま朝まで寝ています。お疲れなんですね。笑)

家族構成や年齢差も色々あると思いますが、上記を参考にして応用してください。大事な事は、昼間の高ぶった活動的な交感神経優位の状態を静的な副交感神経優位の状態に持っていくための、クールダウンが大切だと言うことです。

|

子供に早起きをさせるだけで、学校の成績が上がる!

小児科医の真弓定夫先生が、よく言われることは、こどもの早起きです。目安としては、学校の授業の始まる2時間前におきるのが理想。それは、自律神経のバランスを保つために夜の副交感神経から昼の交感神経に交換しなければならないからです。

 2時間前に起きると、寝ている時に低かった体温が上がってきて、脳体温も上がり集中力が上がります。それに、早起きのおかげでお腹も減ってきて、しっかり朝ごはんを食べる事が出来ます。朝ごはんをちゃんと食べる子の方が成績が良いというデーターは、アメリカにもスウェーデンにもあります。食事からブドウ糖が作り出され、脳の栄養になると言う事ですね。そのお陰で学校でも姿勢を正して、集中して勉強が出来、塾にも行く必要が無くなるというわけです。

 では早起きの秘訣は何でしょう?それは、ズバリ早寝です!だけどこれが出来なくてママさんたち苦労しているんだよね(笑)。

|

IHクッキングヒーターは本当に安全か?

IHクッキングヒーターのセールスポイントの一つは、電熱のため火を使わないので火事の心配が無く、COの排出も無い。よって、お年寄りにも安心して使ってもらえる、と言うことでしょう。確かに火事という点をクローズアップすれば、そうかもしれませんが、人体にとって安全かどうかと言うと、これは大変危険です。答えは簡単、電磁波による被爆です。電化製品からはすべて電磁波が出ますが、そこから距離を置けば安全です。しかし、料理中にコンロから離れているわけにはいきません。人体に危険な電磁波は4ミリガウスという医学的な臨床データーが出ていますが、IHクッキングヒーターと下腹部は非常に密着しており、軽く100ミリガウス以上の値で電磁波被爆しているはずです。女性なら子宮あたりですので、婦人科系の病気や流産や胎児に影響があると思われます。体がだるくなったり、吐き気もあるようです。とにかく男女とも生殖器に異常をきたすリスクが大きいため、オール電化住宅に住まわれた人でも、せめてガスコンロに変える工事ぐらいなら出来るのではないかと思います。もしそれがだめなら、かなり長めの菜ばしを大工さんか誰かに作ってもらって、距離を50センチ~1メートル位保てば大丈夫だと思います。これはけっして冗談で言っているのではありません。IHを使っている人の体験なのです。

|

指宿(いぶすき)の自然農法のサトウキビ畑に行って来ました

鹿児島県の薩摩半島の先端の指宿に行って来ました。そこで、自然農法(無農薬・無化学肥料)でサトウキビを生産する農家を見学に行って来ました。ここの農場には砂糖の製造工場もありますが、白砂糖ではなくて黒砂糖を作っています。もちろん生産工程で一切の化学薬品や食品添加物も入れないので、今まで食べた事の無い味です。黒砂糖をそのままお茶請けなどにして食べ慣れてる地元の人でも、サトウキビに農薬や除草剤をかけないことに驚き、そして、美味しさに二度ビックリし、毎年この方の黒砂糖が出来るのを楽しみにしているそうです。生産量が限られているので一般の消費者にはまだ届けられないのが残念です。この黒砂糖はなめても口の中はべたつかず、さらりと溶け上品な味です。(和三盆的な黒砂糖か・・・。)だからなめた後ものどが渇かずにいるので、ついつい食べ過ぎてしまいました。精製されていない煮詰めただけの黒砂糖はミネラルもたっぷりです。よく考えると、サトウキビをかじると、美味しいサトウキビの汁がでてきます。だからそれを煮詰めれば固まってまた美味しい、でも精製しすぎた砂糖をぺろぺろなめられない。と言う事は白砂糖は甘いけど美味しくない。つまり、何かと一緒にならないと食べれない、と言う事になりますね。その点黒砂糖はなめてもおいしいので偉い!と言う事になります。他にコーヒーや料理にも使える粉末状の物もあります。あっ!宣伝しても買えないんだった。ストレスが溜まるだけだからこの辺で終わりにします。<m(__)m>

|

真弓定夫先生は白衣を着ません

30年以上も、薬も注射も使わないで病気を治す小児科の真弓定夫先生は、診療所で診察する時、白衣を着ていないのです。それは、子供を緊張させないためです。大人でもあの白衣姿を見るだけで緊張して血圧が上がると聞いています。そのことをもちろんお医者さんも知ってはいると思いますが着ていますよね。でもさすがは真弓先生、こどもの視線でいつも考えてくださるので白衣を脱ぎました。

私が、初めて真弓小児科医院を訪ねたとき、診察室は薬や消毒液の臭いもしないし、あるのはたくさんの本(壁は全て本棚になっており崩れ落ちそうなほど積みあがっている)と子供用の絵本のぬいぐるみだけ。入った時どう見ても診察室に見えなかったので不安になって、そーっと奥を見ると普段着のおじさん(真弓先生の事)が1人いるだけ・・・。不安になってもう一度入り口に戻って、ぼやけた看板を見直したほどでした。おそらくここで子供を見てもらうのが不安になり、帰った人は1人や2人ではないと思うな(笑)

|

実はコンビニの「おにぎりに」も植物油脂は添加されています

食品表示の偽装が横行している昨今、食品のラベルはよーく見なければなりません。スーパーのマグロのパック詰め同様、コンビニのおにぎりにも植物油脂の表示があります。どのような効果かといいますと、やはり,しっとり感を出すための保湿効果と美味しそうに見せるための照り効果でしょう。コンビニのおにぎりを食べている時、手元に熱いお茶などがあったら、おにぎりのご飯をちょっとつまんで、お茶の中に入れてみてください。油がポワ~ンと浮いてくるはずです。マグロも油、おにぎりも油・・・日本人がメタボリックになるはずだよ!(^_^;)

|

なにゆえ「マグロの刺身」に植物油脂が添加されるのか?

今度、スーパーのパック詰めのマグロの刺身の食品表示を見てください。PH調整剤と一緒に「植物油脂」と記されているのがあります。これは何故でしょう?

実は、マグロの刺身などのパック詰めには欠かせないもので、乾燥を防いだり、照りを出させたり、味がまろやかになる効果があります。とくに、マグロは酸化しやすく、酸化する程黒く変色します。たたきにするといっそう酸化しやすいので、ネギトロなどは、すし屋専用の怪しげなマーガリンを使っています。(食品業者専用の雑誌の広告記事に「あ-ら不思議、これを混ぜれば美味しいネギトロの出来上がり!」というのがありました。)マグロの脂は人間の体温でも溶けるので、食べても太らないのですが、今やトランス脂肪酸の含んだマグロが出回っているなんて「信じラレナ-イ」(^_^;)

|

ポテトチップのうす塩味は、実は塩分が多い

ポテトチップの袋に明記されている、栄養成分表示によると「うす塩味」の塩分量は0.9グラムでコンソメ味は0.8グラムとあった。でもコンソメの方が味が濃いのはもちろんンソメの粉末を振りかけているに他ならないが、うすしおの0.9グラムも実際には少なすぎる。家庭で自分でポテトチップを作ったらもっと塩を振るはずですから、うすしおは、やはり他の何かが、かかっているか染みているに違いない。まーそんな事よりも、何と比較して「うす塩味」なのだろうか?と考えてしまう。多分そう表記しておけば健康に良いと思って買ってくれるだろうということだろう。

|

なにゆえ「いかそーめん」に還元水あめをを添加するのか?

イカやエビ、ウナギなどの魚介類のほとんどは、東南アジアからの輸入品のようです。とにかく湿度の高い暑い国ですので、イカの場合は薄皮を剥いた後、何度も殺菌消毒やザブザブと洗浄するのです。そうすると旨みも風味も抜けてしまうので、そこでイカと同じ味のする調味液に漬けたり、保湿効果(乾燥を防ぐ)・日持ち・甘味を出すために還元水あめが必要となるのです。だから、デパ地下で買ったいかそーめんを食べて、「このイカあま~い」なんて言っていたらそれは騙されているのです。

生だから鮮度が良いと思わずに、一応食品表示を見ることをお勧めします。最近は偽装表示が横行しているので気をつけてください。

|

生命力を上げる衣類と下げる衣類

講演会で「今日は、生命力を上げる服と下げる服のどちらを着てきましたか?」と質問をすると「?????」と言う感じで、大抵どちらにも手が上がりません。生命力を下げる服とは、形状安定加工とか形態安定と銘打った物で、これにはホルムアルデヒドやらホルマリンやら発がん性物質が染込ませてあり、このお陰で綿を使っていてもシワになり難いのです。

それと大手メーカーでCMで派手に宣伝をしている化学合成洗剤には、蛍光剤が入っています。これで白い物を白く染め直すのですが、これも発がん性の疑いが持たれています。

さらに衣服を防虫加工された箪笥(大抵、加工されています)にしまい、無臭のナフタリンなんかをどっさり詰め込んであったらそれも問題です。もしかしたら、その部屋に居るだけで具合が悪くなる場合があります。いわゆるシックハウスのことで、化学物質過敏症を引き起こします。こどもの勉強机をこないだ買いに行ったら、低ホルムアルデヒドなんて書いてあって他の机より高いのですよ。と言う事は、書いてない机はみんな入っていると言う事?ですよね。

さらにさらに、抗菌加工されたものを持ち歩いていたら、それも同じく生命力を奪います。なぜなら抗菌(菌を殺す)にするには、農薬と同じ成分を染み込ませないとならないからです。すでに化学物質過敏症の人がそれに触れた場合、手は化学薬品に反応して腫れ上がるようです。

今の世の中どうやったら健康でいられるんだろう?(-_-;)

|

予防接種は打つべきか、打たぬべきか?

30年以上も薬も注射も使わない、小児科医の真弓定夫先生は予防接種についてどうお考えでいらっしゃるかと言うと、免疫力が強い子は打たなくても、菌を取り込んでも自分で抗体を作ってしまうから大丈夫で、弱い子は打たないとしょうがないです。といっています。では自分の子が免疫力が強いか弱いかどうやって判断するか?
①平熱が37以上ある

②完全母乳育児(粉ミルクをあげていない)

③布オムツであること(紙おむつは石油で出来ていますのでこれはダメ)

以上をクリア出来ていれば免疫力があるので、この現代にして昔ながらの予防接種をしない、自然流な子育てをすることが出来るということです。ですから、ただ予防接種が嫌いだと言う理由では、それを避ける事は難しいのです。

ちなみに、うちの子供達は、何とかクリアしているので、今のところ打った事無いです。(ヤレヤレ)

|

伊のレストランでナポリタンを食べたいと言ったら、ナポリへ行けと言われました

さすがスローフードの発祥地のイタリアである。イタリア北部のファッションの町ミラノのある大衆食堂での話。わずか数日間の滞在でしたが、とてもアットホームなレストランを見つけ、1日2食はそこで食べていました。(安くて美味しい!)


 ところが、ミラノの食堂ではどこでもパスタはホワイトソースしかなかったので、さすがに飽きてきたので、そこのコックさんに、トマトソースのパスタが食べたいと、わがままを言いました。そうしたら、その店のコックは「この時期(春)北部にトマトなんかねぇー!トマトソースを食いたけりゃ南部のナポリへ行け!」と一喝。私は「しまった、ここはスローフード運動の発祥のイタリアだった!日本のように旬を無視した食品の流通はしていないのか!」と衝撃を受けました。ですが、そのコックさんはニッコリと笑い「実はオレ、南部の出身よ、ナポリタン(確かこう言った)作ってやるよ!わざわざ日本から来てるんだからな」と言ってくれ、美味しいシーフードたっぷりのトマトソースのパスタを作ってくれました。

食育をしていると言いながら、つい旬を無視した日本の食生活に慣らされている事を恥じるとともに、こんな国だから、マクドナルドの出店数も日本と比べて桁違いに少ないのだと思いました。イタリア恐るべし!(>_<)

|

回転寿司まで欧米化!

無添加が売りの回転寿司が近所にあり、数少ない我が家の外食が出来るお店です。しかし、無添加といっても、養殖魚を使ってないと書いてないので、マグロなどはまず養殖と考えるのが妥当ですので、マグロやアナゴは好きですがここでは食べません。私がここで食べるのは、かっぱ巻き・イカ・秋刀魚・サーモン・たこ・いくら等天然の確立の高い物や養殖のできないものを頼みます。茶碗蒸しもなかなか美味しいので子供たちは大好きです(家じゃ作らないからね)

寿司屋は寿司屋らしく寿司だけ回してくれたらよいと思うのですが、最近の若者のニーズに合わせて色んなお寿司が回っています。例えば、ハンバーグの軍艦巻きやアボガドサラダの軍艦巻き、フライドチキンやチョコレートパフェ、パイナップルにペットボトルのジュースまであります。寿司屋の雰囲気が損なわれる物がかなりありますが、感覚としては、お寿司の美味しいファミリーレストランという感じですね。

さすがにここで食育をするのは野暮な話ですので、何を食べるかは本人任せで黙認しています。(-_-)

|

名医、真弓小児科医院には市内からはあまり患者さんは来ません

東京都武蔵野市に真弓小児科医院がありますが、ここの院長である真弓定夫先生は30年以上も薬も注射も使った事はありません。診察は生活指導と食事指導が中心で、他に問診・聴診・打診・望診の4つを行い、器具は聴診器のみです。

30年以上もその診察方法を同じ地域で続けると、患者だった小さい子供が、父親になり母親になっているので、自分の子供が風邪を引こうが、鼻水を出そうが、下痢をしようが、もどそうが、これらの症状は、みんな自分の体を掃除するための排毒作用で、自分の体を自分で治していると理解しています。そして、薬は食品(旬の和食中心)から摂るように教わっています。(難しい食養的なものではありません)

そうするとどうなるか?当然真弓先生の考え方が実践されると、病気を悪化作用と考えず、浄化作用と考えるので、医者に見せず、自分の家で治せるから真弓先生のところへも行かないと言う事になるわけです。よって半分以上の患者さんは遠くから電車に乗って来られています。私もその1人です。(^_^)v

|

体の健康が先か、心の健康が先か?

WHO世界保健機関の健康の定義によれば、肉体の健康の他に、心の健康と社会的な健康の3つが上げられています。心が不健康とは分かりやすく言えば、いじめ・虐待・暴力など分かりやすいものの他に、他人を思いやる気持ちが無いとか、自己中心的であるとか、人を傷つける言葉を平気で言うとか、数え上げれば肉体の病気と同じくらいの症状がありそうです。肉体が病気だからあっちこっち痛む、心が病気だからあっちこっち歪むのでしょう。

「健全な精神は、健全な肉体に宿る」と言われていますが、とてもよい言葉です。順番で行くと肉体の健康が先だと言う事になります。確かにスポーツマンは性格も明るく、感じの良い人が多いですよね。でも逆のことも考えられます。いつも心は穏やかで人に親切・何に対しても感謝をする人は、他人からもそのように接しられストレスも少ない、よって健康的に生活できるというパターンです。

歳をとって来ると精神性のあるスピリチュアルな生活に移行した方が良いと思いますが、つい運動不足になりがちですよね。両方の健康を追うのか、それともどちらかに優先順位をつけるのか、非常に難しい問題です。あなたならどちらにしますか?

|

どんな水を使うかで料理の味は変わります

以前、東京の蕎麦屋さんが浄水器を使っても、東京の水道水がまずいので、店をたたみ信州へ引っ越した。という話を聞きましたが、蕎麦はそれほど水の味に左右されるのでしょう。先日、野外で、鉄鍋で野菜たっぷりの汁物をご馳走になったのですが、それがとても美味しかったのです。知人の男性が作るところを見ていたので、そんなに期待もしてなかったので(ゴメン)、「おかしいな美味しすぎるな・・・」と失礼なことを考えておりました。のどが渇いたので、水をもらうと、「美味しい!何この水!」と衝撃を受けました。この水は秩父の名水で、昨日のうちに車を走らせて汲んできたということで、今や行列が出来る程評判だそうです。そして、この水で鍋をつくったということでした。本当に水は大事ですね。水も究極の食材と言ってもいいでしょう。このことを改めて実感した1日でした。

|

妊娠する前から正しい食生活を

妊娠してから、正しい食生活に本気で取り組む人がいらっしゃいますが、それでは遅すぎるとは言いません。何の気も使わない人がいるくらいですから。怒られるかもしれませんが、最近私は、出来ちゃった結婚でもけしからんとは思わず、「良かったね、子供が出来て、本当にオメデトウ」と心から思ってしまいます。

 近頃の若い人の不妊率がとても高く、さらに子供が欲しくないと思う人が増えて来たのです。これは経済的な理由ではなく、子孫を残したいと思う動物としての本能の欠如からです。セックスレス夫婦も多いようですが、完全にホルモンの異常ではないでしょうか?

 30年以上も薬も注射も打たない、小児科の真弓定夫先生が、「昔は身体検査のとき、小学校の高学年ともなると、男の子の検査と女の子の検査が入れ替わった時、臭いが変わったものだ」と・・・。それは、男性ホルモンと女性ホルモンから分泌される臭いの違いだと言う事です。つまり、今のこども達に臭いの差がなくなった。と言う事は、成長ホルモンに異常をきたしている事になります。インスタント食品やらレトルトやらスナック菓子なんか食べていると間違いなくそうなります。環境ホルモンにも犯されていることでしょう。

 内閣府に少子化担当の部署が有り、そこは子育てをしやすい環境作りを課題に上げているようですが、結婚したくない、子供欲しくない、と言う若者たちの原因がどこから来ているのか突き止めなければ、何の解決にもなりません。早く今の若い人がどんな食生活をしているのか調査をしてください。オネガイシマス <m(__)m>

|

真弓定夫先生の所得ランキングは最下位

小児科医の真弓定夫先生から武蔵野市(東京都)の医者の所得ランキング表を見せていただいた事があります(これ内緒の話だったっけか?まーいーか(^^))。大体100人位の医者の中で見事最下位でした。

理由は簡単ですよね、注射も薬もレントゲンもな~んにも無しだから、診察料しかもらえません。人によっては1時間もかけて、食事指導・生活指導をして頂く額は、わずか何百円だったりするわけです。

日本の保険医療制度では、1番大事な、病気にならない為の指導には、点数が付かない仕組みになっているので、いくら頑張ってもお金になりません。普通の医者なら同じ時間を掛けるなら収入になる治療を選択します。決して、目の前の患者さんを治す事ばかり考えているわけではありません。いかに、数分間で対峙している患者さんに病気の名前をつけて、薬をあげたり、入院させるか考えているのです。

これは事実です。正直にその通りだと告白してくれるお医者さんもいます。こう考えてみると、ある意味、人は病気になりに病院へ行っているようなものです。

真弓先生が、200年前の漢方医の名言を紹介してくれました。

「病気になっても薬を飲まなければ、名医にかかったのと同じだ」

肝に銘じておきましょう(^.^)

|

料理界のドン、服部幸應氏が家柄の偽装、私同情しています

最近、服部栄養専門学校の校長の服部さんの家柄が偽装(普通は詐称と言いますが)だった、という事がスクープになっていますが、私は同情しています。私は、服部さんが政府と一緒に勧めている食育は間違っているので嫌いだし、本当の食育には栄養の専門学校なんて必要ありませんから。

だけど、服部さんは好きでした。温厚な人柄やかもし出される雰囲気、含蓄のあるコメントや豊富な知識・・・。テレビなど見ていて、楽しそうに仕事をしているので、少し羨ましくも思ったりしました。それが、もしかしたら全てパーになるかもしれないのです。長い年月を掛けて築き上げた今の地位を・・・。

それで、私が同情しているのは、社会保険庁の連中が、国民の年金を横領しても名前も公表されず、のうのうとしていられるのに対して、服部さんの場合国民の立場からして怒るほどのことでもないような気がするのに(人によっては違うかもしれませんが)、かなりのものを失うからちょっとかわいそうです。(社保庁と服部さんのニュースを同時に見たあとの私の感想でした(^_^)v

でも良く考えたら、食育的にみたら自然淘汰なのかもしれません。

|

頭痛のとき、コーヒーを飲んで治しました

先日、頭のこめかみの辺がキリキリと締め付けられる頭痛で、仕事にならなかった時の事です。30年間、薬も注射もしないで病気を治す、小児科の真弓定夫先生を主治医とする私としても、当然頭痛薬を飲むわけにいきません。真弓先生は日頃から、「食べ物が薬です。」と仰っています。そこで思考回路をマクロビオティックに変えました。

締め付けられる痛みなのでストレスか何かで、体が陽性に傾いているのではないかと判断。ということは陰性の強い食べ物で体を緩めればいいのだろうと思い、何か良いものは無いかと思案の結果、コーヒーに決めました。コーヒーは南国で採れる作物のため陰性です。ここに、さらに砂糖をたっぷり入れれば増す増す陰性が進み、極陰性になるのですが、甘いコーヒーは苦手なので、濃い目の無農薬のコーヒーにして飲みました。すると、あら不思議!瞬く間に頭痛は引いていきました!

頭痛が治ったのも嬉しかったのですが、頭痛の性質を判断して陰陽の理論を実践して治せたのも嬉しかったです。そのせいか、この日は一日気分が良かった。単純!(^^

|

若い医者は本気で丸山ワクチンを効かないと思っています

ほとんどの大学では丸山ワクチンは水と同じだ、効く訳が無いと教えているようです。それは自分で確認できました。父親がガンになった時です。手術が出来ないほどガンは体を蝕んでいました。「この病院で丸山ワクチンを打っていただけませんか?」とお願いしましたが、先生は、「丸山ワクチンは水と同じですよ、あれは、まったく効きませんよ。」と自信たっぷりの説明でした。あぁ大学でしっかり教育されてしまっているので、この大病院では儲ける事が出来ない丸山ワクチンは無理だなと思いました。よって手術もワクチンも無理なら、自分で丸山ワクチンを打ってくれるところをインターネットで探すことにしました。

ありました、ありました!この大病院の100m隣の小さな診療所です。40年前に私の通っていた幼稚園の隣にあり、うっすら記憶にありました。いまや古びた診療所ですが、私には光り輝いて見えました。

普通、丸山ワクチンを打ってくれる病院は人口10万人位の町で1軒ぐらいしかありませんが、家から父が自転車で通える距離でしたので本当にラッキーでした。

丸山ワクチンを打つこと3週間、大病院の定期健診に行ってみると、なんとすでにガンは小さくなっており手術が出来るということでした。そこの先生は、特に驚く様子も無く、「手術しますか?」とサクッと聞いてきました。私は、「そーか、驚かないのか、さては知ってたな!丸山ワクチンの効果を!」と思いましたが、その先生も組織の人間です。丸山ワクチンは病院に利益をもたらしません。患者にしか利益をもたらさないのです。だからと言って、その先生や病院を責めるわけにはいかないのです。みんな家族を養わないといけないので・・・。やくざな商売なんです。(-_-)

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »