« 30品目食べさせる栄養指導は、日米貿易の緩和政策だった | トップページ | 癌の特効薬、丸山ワクチンがすごいと思う訳 »

みんなはマクドナルドを食べてもなぜ平気なの?

世界中で上映された、映画スーパーサイズミーのDVDの付録に「恐るべきフライドポテト」というのがあった。これは10週間放置した、マクドナルドのポテトが腐らないのはなぜか?という問いかけの内容です。ちなみに手作りポテトはすぐにカビだらけでした。私はこのビデオに触発されて自分で(仲間に手伝ってもらったけど)実際にやってみることにしました。結論からすると、無農薬のジャガイモで作ったフライドポテトは2日後にカビが生えました(日本の7月という湿度の高い時に実験をしてしまいました)。市販のジャガイモのは3日後にカビが生えました。マクドナルドは7日後にカビが生えましたが、3週間はほとんど変化無し。他のはカビがボーボーに生えていてグロテスクこの上ないです。つまりマクドナルドのフライドポテトは初めから生命が無いので腐らなかったという事でしょう。食べたら地となり肉となるものは生命があり、それを失えば必ず腐ります。腐らない物を腹に入れたらどうなってしまうのか?という趣旨のDVDでした。

 後日、今度は食べる実験をしました。おそらく10年ぶりぐらいに食べるので、不安と緊張で胸は高鳴りました。何でそんなに長い間食べなかったかと言うと、もちろんどのようにしてビックマックたちが作られるかその工程を知っているからです。10年ぶりに食べたお味の感想は、「うまいじゃん!味変わって無いじゃん!」でした。ヤバイ!舌がついていってる!と思いました。ビックマックセットを3分の1食べる予定が、何と半分も食べてしまった。食べたのはお昼ごろで夕方からは全身がだるくなり、寝込みました。そして翌日は強烈な下痢です。こんなに体にダメージを与える物をなぜみんな食べ続けられるのか不思議なんですけど・・・・?いつも混んでるマックを見ながら思っています。私と同じような症状のある人がいたら教えて!^_^;

|

« 30品目食べさせる栄養指導は、日米貿易の緩和政策だった | トップページ | 癌の特効薬、丸山ワクチンがすごいと思う訳 »

恐るべき食品」カテゴリの記事