« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

運勢をある程度、把握すると面白いです

みなさん、今年はどういう年でしたか?私は運勢的には今年から3年間悪いのですが、実際にはそんなに悪い年に感じませんでした。2008年が3年間の中で最も悪い年になるのですが、慎重になんとかやりすごそうとおもっています。私は、占いは全くやらない口なのですが、自分の運勢の良し悪しは分かります。昨年までの3年間何をやってもうまく行き、しかも成果は予想以上!自分の力以外の何かが働いていると思いました。だけど、そんな中でも来年からは(2007年の今年の事)「この好調はもう続かないだろう。3年ぐらい静かにしていよう」と思っていた時、占い師が知り合いにいるので聞いてみたところ、全く自分が思っていた通りの運勢だと言う事でした。つまり、上手くいったときは四季で言えば秋で今までの努力で積み上げた物を収穫する時期で、次の3年間は冬の時期で春の来るのをじっと待つ期間と言う事です。この程度の簡単なバイオグラフを把握しておけば、何か失敗があっても、今年は悪い年なのに良くぞこの程度で済んだものだと感謝が沸き起こってくるんですよ()。だから今年は本当に良い一年でした(合掌)(^_^.)

|

低体温について

最近になってようやく低体温が万病の元として、取り上げられるようになって来ましたが、真弓小児科医院の真弓定夫先生は20年以上まえからこの問題(症状)を重視して、食生活の改善や日常生活の改善を訴えています。ところで低体温ってどのくらいの体温と聞かれれば私は(真弓先生も)36度台と言いたいです。健康な母親から健康な子供が生まれたとします。その子の体温は平熱で38度近くまであるのが正常値でしょう。皆さん驚かれるかも知れませんが、私は真弓先生から昭和初期の小学生の身体検査の記録を見せていただきましたが、クラスの平均体温は37.5度で、最高は38.0度、最低が36.8度(1~2人ぐらい)でした。この子が当時の低体温児童でした。明治・大正の記録がもしあれば、平均値38.0度で36度台は1人も居なかったかもしれません。

神様が人間の本来の体温を38度前後と定めたとすれば、現代人はみんな異常ということになります。だから、ホルモンバランスが崩れ、自律神経がおかしくなり大人も子供も正常な精神状態を維持できなくなってしまった。そして自分さえよければ良いとし、他人を思いやる気持ちが薄れてしまったのが今日の世相ではないでしょうか?

私の長男が3歳の時アトピーになり、真弓先生に体温が低いと診断されたのが36.8度の時でした。体の冷える食べ物をやめてから体温の上昇がみられ、アトピーは治りました。体温さえ上げられれば、現在癌の人でもがんの進行を抑え、縮める事が出来ます。婦人科系の病気、子宮筋腫・子宮内膜症など、男性なら前立腺といったようなものが良くなります。もちろん不妊症の方には最高の不妊治療でしょう。精神的にも金銭的にもリスク無い、健康になるから子供ができる!とてもハッピーな方法です。体温を上げるアドバイスはまた今度・・・。(^^)v

|

こんなに延びてよいのか日本人の平均寿命!?

またまた延びましたよ、日本人の平均寿命が!5年前より男性も女性も1歳ずつ延びて、男性が78.8歳、女性が85.8歳です。コレは、めでたいのか?いえ、めでたくありません。それは、健康寿命ではないからです。できれば病院などでの日本人の平均の寝たきりの状態約7~8年を差し引いて発表すれば世界一の寿命ではなくなるはずです。何せ悲しいかな日本人は3人に1人は癌で死ぬという、世界一の癌大国なのですから。(-_-;)

それは置いといて、国内の県別に目をやるとなかなか面白いところがあります。まず沖縄ですが男性は今や25位となりどこまで落ちてゆくのか?と言う感じです。逆に長野の1位は安定感があり約80歳です。両者はどこが違うのか?それは沖縄の若者の食生活が郷土料理から離れ、コンビニ、ファーストフード店を本土並みに多く利用しているからと私は見ています、その為とうとう全国平均になってしまいました。

次に注目すべきは東京と北海道です。東京の男性は5位。北海道は33位です。比較してみると、東京はご存知のように空気は汚い、水はまずい、騒音はひどいし、通勤時はいつも満員電車、車に乗ればすぐに渋滞!日常的にストレスの晒され、健康な人なら東京は色々と楽しい事もあるでしょうが、病人やお年寄りにはとても生活するのに適している所とはいえません。なのに5位!それに引き換え環境的には全て反対の北海道は、空は青く広く、空気も水も美味しい、のどかな牧場風景に洒落たレストラン、時間もゆっくりと流れ癒しの場は多いはず、なのに33位!私の独自の調査によれば(根拠の無い偏見かもしれませんが)北海道はどう見ても農薬掛けすぎ!! 除草剤撒きすぎ!! 広い農地だけに薬に頼る割合が多くなるのでしょう。でも東京の男性の5位はちょっと説明がつきません。特に都心部にお住まいの方!そのわけを教えてください!

|

本当に医者なら丸山ワクチンを勧められるはず

いつも言っているように、医者はお金を稼ぐためにはどうしても、たいしたことが無いのに薬を出したり、注射を打ち、レントゲンを撮る。もしくは大げさな事を言っては入院をさせ手術を行う。ハッキリ言って、合法的なヤクザと同じではないでしょうか?患者は医者にだまされメスによって臓器を取られ後遺症に悩む、あるいは抗生物質の副作用に苦しむ・・・。コレが医者に行った場合の普通のパターンです。それに警鐘を鳴らすかのように色々な著名な医学博士が、「癌はこうして治す!」「癌は食べて治す!」とか、体温を上げろ、あれを食べろ、コレを食べろ!玄米が良い、酵素が良いなどとたくさんの説があります。

私が思いますに、みんな医学博士なのだから、丸山ワクチンの存在ぐらい知っているはずです。一言ぐらい触れたっていいのでは?と思います。触れられないのはやはり自分の存在価値が薄れるし、本も売れなくなるからだと思いますが、自分たちが癌になったら、丸山ワクチンを打つと聞いていますよ。先生方の説もとても大切ですが、丸山ワクチンは医学的にも証明された癌の特効薬なのですから、どうか患者さんたちにこっそりでも良いから教えてあげてください。返って尊敬されると思います。絶対!!(ちなみに丸山ワクチンには副作用がありません。詳しくは丸山ワクチン・オフィシャルサイトをご覧下さい。)

|

携帯電話と少子化問題は密接に関係している!!

 著書に「伝統食の復権」などがある医学博士・故島田彰夫教授から伺いました「携帯電話の電磁波によるニワトリの卵の孵化実験」を紹介したいと思います。小学校の時、理科の実験で使ったニワトリの卵の孵化器に、60個の有精卵をセットした場合、大抵55個が孵化するそうです。そこに1日2時間、上から電源をONにしただけの携帯電話を吊るしておくだけで、24個しか孵化しなくなってしまうそうです。その数実にマイナス31個! 如何に携帯電話の電磁波に近づくだけで生命力が奪われてしまうかが分かります。

ちなみにアメリカでは携帯電話を使用する時は耳から2.5センチ離すように国が指導しており、さらにズボンのポケットにも入れないようにとのこと・・・。それは精子がダメージを受けるからだそうです。EU各国では、いかに子供たちに携帯電話を持たせないようにするか国の政策として考えているのに、日本の場合は家族割引だの何だのと言って、子供からお年寄りにまで携帯電話を持たせようとしています。新聞によれば所持台数が1億台を突破したとか。こりゃーいつまでたっても日本の少子化は解決しないぞ!ちなみに私はauWINにイヤホンを必ず着けて使用しております。本体を体から話す事によって電磁波の被爆からはかなり逃れられます。携帯電話を使って耳の奥がジンジンといたい人にはお勧めです。(^.^)

|

野菜をたくさん食べて、子供の成績アップ

野菜をたくさん食べると言っても、無茶食いをするわけではありません。カロリーの高いお肉や脂っこい物を控えて野菜をたくさん摂るという事です。野菜はサラダではなく、煮たり炊いたり、あるいは火を通した物が良いです。サラダは生でパリッとしているので嵩がある割には量的には少量です。しかも、油の多いマヨネーズやドレッシングを必ず使いますよね。それに比べて、煮込むと嵩が減り、相当な量が食べられます。調味料も塩や醤油、味噌などですからいくら食べても太りません。

さて本題ですが、小児科医で薬も注射も使わない真弓貞夫先生がいつも仰るのは、動物の食性です。それは、草食動物は非常に穏やかです。そして群れを成して皆仲良く、助け合います。肉食動物は獰猛で、ライオンなどは一家族か一匹狼です。よってその食性に従えば人間も同じ作用が得られ、情緒に影響してきます。栄養学的にもそれは解明されているようですがここでは省きます。つまり朝どんな食事を摂って学校に行くのか、またどんな夕食を摂っての夜勉強をするのかで毎日が決まってきます。落ち着いて集中力を高めるには、野菜中心の食事に限ります。しかも「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言われているように健康であることは大切です。いじめの多い昨今、肉食過多の食事が原因しているかもしれません。台所を預かるお母さんの影響はとても大きいです。もし食事を変えて子供の学力がアップしましたらご一報下さい。

|

吉兆グループに止めを刺した、船場吉兆のお詫び会見

12月10日に行われた、船場吉兆の社長親子でのお詫び会見をテレビで見ましたでしょうか?母親と長男の取締役の会見はなんじゃコレ?という感じでした。船場吉兆の責任者に記者が問いただしているのに、横から母親が小声であー言え、こー言えと指図しており、それがしっかりマイクで拾われ、息子は操り人形のようにその通りにコメントする。この場面を見てみんなが思ったことは「母親の指図だったのか!に賞味期限の改ざんは!」だったのではないでしょうか?日本の食文化のリーダーシップ的存在の高級料亭吉兆グループがコレでは非常にこの先が心配です。真面目にやっている店までも疑われます。私もよく講演会では、食の安全・安心はその値段に比例しますと言って、安い食品にのみ警鐘を鳴らしておりましたが、これからそうも言っていられなくなりました。

もし吉兆の料理を食べた事がある方がいらしたら、どうだったか是非教えてください!ちなみに私は懐がいつも冬なので、お店の前しか通った事がありません。(^^)

|

期限切れ食品は本当に悪者か!?

食品表示の偽装問題や期限切れ問題が新聞・ニュースなどで連日報じられているが、事件の発覚はほとんどが内部告発のようです。今朝(126日)の朝刊でも、オリジン弁当でも期限切れのコロッケやポテトサラダなど、20店舗で販売されていたと大きく取り上げられていました。調査に対し従業員は「もったいないので、使ってしまった」と答えています。この「もったいない」と言うのは大事です。多分私がこの時の従業員であれば、おそらく同じように「もったいない」と感じるでしょう。どう考えても今食べれるものを、無造作に捨てられる感覚もどうかと思います。利益の事も考えてお客の安全をないがしろにするのはいけませんが、年配の人がパートで現場に居合わせたらやっぱり「もったいない」何とかならないか?と思うでしょう。世界では10億人の人が餓えていると言うのに・・・。食料自給率が40%の低いこの日本で、こんなに簡単に食べ物のを棄てて良いのでしょうか?食育の観点から見ても大いに考えるべきだと思います。(ただし、マクドナルドも期限切れのものを出していたと、テレビでお詫びの記者会見していたけど、ここの商品は恐ろしいほど腐らないからね、誰か実験してみて!)

|

肥満気味の子供は朝食をパンからご飯に

最近、小学生や幼稚園の子に太っている子が多いですよね。それで決まってお母さんも同じような体型をしています。親子だから体格も似ているのかといったら、そうではありません。似ているのは食生活です。小児科医の真弓定夫先生によれば、ご飯の水分量は60~70%なのに対して、パンは30%なのでどうしてもバターやマーガリンやジャムや油脂類を絡めないとのどにつかえて食べにくいと言う事です。さらに高カロリーの牛乳を飲むでしょ、それにハムエッグにマヨネーズたっぷりサラダ、ついでに砂糖たっぷりのヨーグルトかミルクコーヒーを摂れば、もうこれで立派なメタボの仲間入りです。

それに比べ、朝がご飯なら、味噌汁・漬物・納豆・生卵あたりが定番で、晩の残りの味のしみた煮物か塩ジャケでもあればとっても幸せーって感じです(^^)。つまり和食にすれば脂肪分を摂らなくて済み、パン食なら脂肪と砂糖を摂らざるおえないわけです。

それに和食にすれば、日本の農業は活性化するし、食物輸送距離も短くてすむので二酸化炭素の排出量も少なくなり、環境問題の面から見ても良い事ばかりです。私もよくパンを食べますが、食事でなくおやつとしてお付き合いさせていただいています。(何だ食ってんジャン!)(>_<)

|

食育クイズ・ポテトチップスは、ご飯何倍分のカロリー?

ポテトチップス1袋(普通サイズ85g入り)のカロリーはご飯何倍分でしょうか?(ご飯の量は、普通のお茶碗で110g・160㌔カロリーとします)

① 1杯   ② 2杯   ③ 3

カルビーのうす塩味で476㌔カロリーなので、答えは③の3杯です。コンソメ味やカレー味・ホットチリ味などになればもう少しカロリーは上がるでしょう。よって、ポテトチップスやファーストフード店でフライドポテトなど食べている人は、まずダイエットは無理です。もし出来ているとすれば、日本人としての主食を食べずしてのダイエットでしょうから、体に良いはずがありません。おそらく生活習慣病か何かになるでしょう。

 もう一つの問題点は、肥満とかの問題でもなく、栄養が無いとかの問題でもありません。生命力の問題です。生命とはそれが有るうちは活力がありますが、無くなれば腐ります。ですから食べ物で生命力のあるものはやがて腐ります。ポテトチップは腐りません。と言う事は初めから生命力が無いわけですから、こういうものばかり口にしている最近の子供たち(いや大人か!)の精神面や心がおかしいのもうなずけます。ちなみにマクドナルドのマックフライポテトも腐りませんよ!この乾燥シーズンならまず1ヶ月は腐るどころかカビも生えないでしょう。是非ご家庭で実験してみてください。家庭で出来る子供向けの食育授業になるでしょう。

|

ミートホープ社のコロッケと手作りコロッケの味比べ

先日テレビを見ていたら、この2つのコロッケを作り、グルメ番組で食通といわれる年配の芸能人の方にどちらが美味しいか?そしてどちらがミートホープ社か?と言う番組をしていました。皆さんも当ててみてください、食育クイズのつもりで。

    ミートホープシャのコロッケの方が美味しい

    手作りコロッケの方が美味しい

    どちらも同じ味で甲乙がつけられない

さあ答えが出ましたでしょうか?(テレビではコロッケはAのお皿とBのお皿という形で出ておりそれどれ判定します)食通の芸能人の方たちは全員、美味しい方を手作りとしましたが、それは不正解で実は美味しい方がミートホープ社のコロッケだったのです。私も意外でした。と同時にまがい物を美味しく偽装する技術がすごいのか?グルメの芸能人たちは手作りコロッケの味を忘れてしまったのか?(いつも食べ歩いているだけなので)食育の観点からだけ見れば、美味しさには個人の好みの味があるので(味の素が入ってないと物足りないと思う人もいるのですから)なんともいえませんが、ただ手作りの味だけは判別して欲しいなと思っています。その後この番組の話をしたらスーパーで働いていた人が、「本当にミートホープ社のコロッケは美味しかった!」といっていました。どうしましょ!(^_^;)

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »