« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

朝ズバッ!で「外国産養殖マグロ」をみのさんが天然マグロより美味しいと絶賛!

普段グルメを気取っている芸能人にとって一番イヤなのが、自分の味覚を試されるコーナーではないかと思います。朝ズバッの番組の中で、「次の3つの内一番美味しいのはどれか?」ということで、3つのマグロの握り寿司が出てきました。

1皿目は国産養殖マグロ、2皿目は天然マグロ、3皿目が外国産養殖マグロが出てきました(もちろん誰にも教えられていません)。ゲストのコメンテーターたちは3人ともちゃんと2皿目の天然マグロが美味しいと評価し②番の札を上げていたのに対し、みのさんは③番の外国産の養殖マグロが一番美味しいとしていました。

みのさんだけが間違ってしまったのにはさすがに顔が引きつっていましたが、実際に魚の美味しさを判定するのはとても難しいと思います。養殖はとにかく脂がのっていて美味しく感じます。みのさんも脂が乗っていて一番美味しかったと言っていましたが、悪い事に「いつも食べている味だ」と言っていました。多分行きつけのお寿司屋さんが使っているマグロは多分その外国産の養殖マグロだったのでしょうか?(店のご主人今頃冷や汗?)いずれにせよ、みのさんの味覚は否定されてしまった事に・・・(。(私だったらこういう番組では、一番美味しく出された物を警戒します。それは自分の舌に自信がないので・・・、だって普段も天然マグロをおそらく食べていないから(-_-;)

この件に関しては、3人のコメンテーターが「あっぱれ」だと思います。「味」意外に何か「本もの」の生命力を食べた時に感じたのでしょう。今年の正月も伊東四郎さんが、本物の天然の鯛より、鯛の偽装として回転寿司でよく使われる「ティラピア(淡水魚)」の方が美味しいと判断していました。鯛に関して言えばやはり「養殖」の方が脂が乗っていて美味しいと評価されることが多いらしいです。養殖魚はとにかく泳がなくても餌にありつけるのでたっぷり脂ののった美味しいメタボになっていますからね。脂に騙されないように気をつけましょう!(^^)

|

「天皇家の食卓」

「天皇家の食卓」という面白い本を読みました。そこには一般庶民の感覚では想像がつかないようなことが書かれていました。食べている献立は庶民と同じような物でも、質がまったく違うとのこと。お肉にしても御料牧場(ディズニーランドの4倍の敷地面積)から調達され、それは卵の一つをとってみても手塩に掛けた鶏から採卵されている(抗生物質なし)。お米も野菜もまったく無農薬かオーガニックです。

それともう一つの違いは、調理人。三ツ星レストランのシェフかそれ以上の腕を持った人が、和・洋・中華・パン・菓子とたくさんいらっしゃるらしいです。一見庶民的なお食事に見えても、それはお金に糸目をつけずに作られた究極のお食事なのです。

気になったのは、昭和天皇以降、総料理長に選ばれるのは、フランス料理のシェフが多く、それだけ天皇家も洋食化してきたからでしょう。

本には書かれていませんでしたが、私が思うには、完璧な素材、完璧な調理技術をもってしても、昭和天皇もがん(膵臓がんが原因で崩御)、平成天皇もガン(前立腺がん)になってしまわれた。という事は、どんな質の高い料理であっても、日本人が欧米食(肉やパン、乳製品)を食べてしまうと、それだけで癌になってしまうことなのだと思います。昭和天皇は国民の誰よりも早く(戦前)から、朝はバターをたっぷり塗ったトーストやスクランブルエッグを召し上がっていたそうです。なぜかというと若かりし頃、イギリス王室に招かれてからパン食が大好きになられたとか。(皇室の料理人たちはイギリスへ勉強に行ったそうですよ)

|

アメリカで放送の和食番組名、その名はなんと「サムライ・クッキング」!!

アメリカでは和食ブームに沸いており、外で食べたその和食を家庭でも食べたいという主婦層のリクエストにより、一般家庭に向けた和食の作り方を教える30分番組「サムライ・クッキング」がこのほど、三大放送局のABC系列各局で始まりました。(しかし、なぜサムライなのだろうか?ジャパニーズ・フードにして欲しかった)

1回目放送は寿司の特集で、アメリカの人気女優が出演し、巻き寿司作りに奮闘。2回目からは、すき焼き、てんぷら、親子丼、そば、うどん等、日本食の代表メニューが紹介される。番組の中で、醤油や味噌などの調味料の使い方や、落し蓋の使い方も教えたり、海苔やわさびといった食材やいろいろな調理器具の由来を説明しながら、日本食の歴史や食材をひも解く構成だそうです。

日本人はアメリカから来たものを昔から有難がる傾向があるので(ハンバーガーや牛乳・ハリウッド映画・ポップス他)、もしかしたらこれが契機となり日本の若者が、和食を見直す良い機会になるかもしれません。アメリカでの和食ブームは大歓迎です。私の友人のご主人がアメリカ人ですが、お茶を入れるときに、急須の蓋のとってのところに手を添えながら、両手で上品な仕草でお茶を入れる姿があまりにも様になっていて、思わず「スゴイ」と言って笑ってしまいました。日本人の奥さんは「鍛えてるからね」と得意そうでした。

そういえば、坂本九さんの大ヒット曲「上を向いて歩こう」は、はアメリカでは「SUKIYAKI・スキヤキ」というタイトルで大ヒットしましたが、その「スキヤキ」が料理の「すき焼き」からアメリカの放送局が勝手に採用した事などが、逸話としてきっと語られることでしょう。楽しみです。(^.^)

|

詐欺同様のでたらめ店(閉店)でも、「ミシュラン東京2008」で2つ星!

当店ではオーガニック(有機)野菜や厳選された前沢牛を用いたフレンチをお楽しみいただけます」とお店の前にわざわざ看板が出ていたら、お客はまず疑う事はしないでしょう。しかも、単品ステーキの値段が1,100円ならばなおさらの事。このお店で使われたほとんどの肉は前沢牛ではない上、100種類の野菜のうち96種類が農薬を使用して作った普通の野菜だったとして、公正取引委員会は排除命令を下しました。

この店は、「ミシュランガイド東京2008」で2つ星をもらった、ヒルトン東京(新宿)の直営フランス料理店「トゥエンティ」です。

不正はこれだけでなく、まだまだありました。一皿3100円の「北海道産ボタン海老のマリネ」は、実はすべてカナダ産冷凍海老でした。(これはひどいよ、いくらなんでも!)

また北海道産ホタテや、銚子沖金目鯛などほとんどのメニューの産地表示が出鱈目だったそうです。

さらに公取委が発注書や納品伝票を調べたところ、産地や無農薬を指定した形跡が無かったり、はじめから別の産地を指定していたりと、まったくの詐欺にも等しい行為であったという事です。

現在、このお店は閉店され、別の1つ星のフランス料理店になっているそうですが、ヒルトンホテルもミシュランの星にだけこだわっていると又とんでもない貧乏クジを引かされるかもしれません。それにしても、2つ星のレストランでこの有様ということは、あまりミシュランのガイドブックをあてにしないで、自分の目や耳、足を使って仕入れた情報を頼りに食べ歩きをした方が楽しいかもしれませんね。(^.^)

|

学校の先生にも食育が必要

昨日、都内のある中学校へ食育の授業へ行ってきました。どこの学校もそうですが、行く度に思うことは、先生方のお昼ご飯です。お昼時に職員室を訪れると先生方の机の上には、カップラーメンや缶コーヒーにペットボトルのお茶が散乱しています。男の先生はかなりの人がお弁当とカップラーメンをセットで食べているようです。女の先生はおにぎり、パスタ、サラダなどコンビニっぽいものがたくさんありました。

私が食育の授業でダメだというものを先生方が率先して食べているんですね。生徒さんには「心を育てる食べ物は家庭で作った手作りのお弁当ですよ。」「コンビニのカップめんやお菓子を食べ過ぎるとキレやすい子になるし、集中力がなくなりますよ。」といつも言っているのですが。

女の先生は、美容と健康のためにわざわざサラダを買ってきて食べるのでしょうが、食品表示を見ればサラダさえも食品添加物だらけです。野菜の切り口が、長い時間空気に触れて、酸化して赤くなるのを防ぐには、切り口を樹脂でコーティング(ラップをはった状態にする)して空気に触れないようにしないといけません。いつもシャキッとした食感を持続させるには、他にもそれなりの細工が必要なはずです。朝に家で作ったサラダを夜食べたなら、しんなりとした食感になっているはずなのに、何の疑問も抱かずに食べているのはどうかと思います。

食育の授業が終わる生徒が詰め寄ってきて、色々な質問をしにきます。先生もよく質問をします。ある先生が私に対して「先生はマクドナルドには行かないのですか!」と・・・。「まったく行かない」と答えると、かなり驚くというか、感心するというか・・・。

先生方がマクドナルドやインスタント食品、コンビニ食とともに今日まで歩んできたのですから、先生方から先に食育を勉強してもらわないといけないということでしょう。まず、ペットボトルのお茶はやめて(何ヶ月たっても変色しないお茶なんてそれはもうお茶ではありません)、自分でお茶やコーヒーぐらい入れることから始めることを提案して、この日は帰らせていただきました。

|

伊藤ハムは、なぜ地下水にシアン化合物が検出されただけで、自主回収をしたのか!その秘密は?

Photo_2

伊藤ハムの東京工場で使用する地下水から、有害なシアン化合物が検出され、商品を全て自主回収しました。そして、現在CMで、「もう大丈夫ですからご安心下さい」と放送しています。

マスコミはハムと水の関係には触れていません。もし触れるような事があれば、それは大問題となり食肉業界からの莫大な広告料を失うからです。ではハムと水の関係はなにがタブーなのか?それはハムの中身の15%~30%が水だからです。この水にシアン化合物が入ったので大騒ぎしているのです。

外国で水を入れたハムにお目にかかることはありません。ハム・ソーセージの類はむしろ乾燥(燻製)させ、塩を入れ保存食として扱ってきたので、水なんか入れるはずがありません。日本の大手メーカーでは「増量」が目的で加水しています。水とハムをなじませるのが「でんぷん」だったり「ゼラチン」だったりします。ほかにも日持ちを向上させるために、様々な添加物を入れるし、味が薄くなった分、還元水飴などいれています。

本物のハムを食べた事のある人は分かると思いますが、色はピンク色ではありませんね、茶色に近い感じで、食感はぱさっとしていても味はどっしりした美味しい肉の味です。ところが、伊藤ハムをはじめ大手メーカーのハムは鮮やかなピンク色をして、写真にあるように「しっとり感」を売りものにしています。生ハムでもあるまいに・・・。

ハムを買う時は、加水されていない本物のハムを買いましょう(値段と原材料表示をよく見れば分かります)。

|

生命力を高める生活の仕方~人間関係の整理~(食べないで治す健康法④)

前々回の記事との関連ページです。今回の整理すべきものは家の中にある不用品ではなく人間です。家族あっても悪い波動を送ってくる人がいます。またご近所や職場、PTA関係者、親戚、友人知人・・・、私たちはたくさんの人に支えられ、取り巻かれ生きています。

さて人間関係の整理ですが、自分にいつも良い波動(愛情・友情・優しさ・思いやりなど)を送ってくれ、落ち込んだ時や困った時には良いアドバイザーである人や、時折良い情報を持ってきてくれる人は、生命力を高めてくれるので残される人です。

しかし、そのまったく逆の人、いつも不平不満、愚痴をこぼす人、人の悪口や噂話をする人、何でも悪く解釈しマイナス志向の人、嘘をつく、自慢する、威張る・・・。というように一緒にいるだけで生命力がダウンするような人もいます。上記の人に囲まれて生活するのと下記の人に囲まれて生活するのとでは、まったく違う人生になります。

食べ物に好き嫌いを言うのは良くないように、人に好き嫌いを言うのもいいものではありません。しかし、だからと言って、いつもお肉や乳製品ばかり食べていると病気になるように、人間関係もやはり考えなければならないでしょう。特に夫婦関係が悪い場合の罹病率は確実に高いです。家庭そのものがストレスなので・・・。そして、治りも悪いです。パートーナーが良い波動を送ってくれないので・・・。やり直しが出来そうも無いが、今後の生活が心配で離婚をしたら良いかどうか悩む場合、相手が自分に生命力を高めてくれるのか、下げていくのか、で判断すると良いです。

何だか離婚の勧めみたいになりましたが、健康というのを第一にした場合の話です。なぜなら「ストレスは万病の元」ですから。他人の場合、ストレスを持ってくる人と戦ってはいけません。逃げるが勝ちと言います。距離を置いておくと健康には良いでしょう。また夫婦喧嘩を長引かせてはいけません。人間が出来ている大人のあなたが負けてあげれば一瞬に終わります。これも健康で長生きの秘訣です。(^^)

|

食品偽装が無くならない理由、それは「改善命令」

毎日のように報道される食品偽装の事件。それにしてもなぜなくならないのだろう?それは農水省の官僚たちの作る、ゆる~い罰則によるものが大きい。

今日の新聞記事。「普通の農薬を散布した畑で収穫した茶葉に、少々の有機JAS認定を受けた茶葉を混ぜて、それをあたかも100%有機に見せかけて販売していた岐阜県の三ツ里生産に、農水省は改善命令を出した。」とありました。

こんなずるい事を平気でやるような業者を消費者としては、厳しく罰して欲しいところですが、この改善命令とは?

例えて言うなれば、サッカーで言う普通の反則をしたのと同じで、フリーキックを与えてしまったようなもの・・・。イエロー(警告)カードやレッド(退場)カードのような厳しいものではありません。ひどいところになると、「三度目の業務改善命令などを受けた」などという記事もあります。

つまり、農水省の改善命令なんて実際には痛くともなんとも無いということです。でも注意されないのに越した事は無いので、とにかくばれないようにやるだけで、ばれたら速やかに認めて謝る。この繰り返しなので、めったな事では刑事事件のように逮捕される事はありません。

ちなみに私は、友人が秩父で完全なる無農薬でお茶を作っているので、それを買っています。緑茶で100g入り1000円です(かなり安いです)。これを毎日飲んでいたら病気が治ったという人もいると聞きました。お茶に付いている農薬は洗う事が出来ません。だからその農薬をいつも一緒に飲んでいる事になるので、それがなくなっただけでも体の調子が良くなるという事はうなずけます。市販のお茶を買う時は良く選んで買ってください。間違っても中国産とグルタミン酸ナトリウム(味の素)が入っている安いものは避けましょう。

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »