« お正月番組、「芸能人格付けチェック2009」② 宮崎牛とオージービーフについて | トップページ | 寝酒は健康に悪い ―熟睡の仕方― »

「食品偽装、前年上回るペース」それはなぜ?

小さな見出しではありますが、連日のように食品偽装事件の記事が目に付きます。振り込め詐欺も同じように増え続けています。振り込め詐欺は冷静に対処すれば未然に防ぐ事は出来ますが、食品偽装は産地がすでに食品に明記されているので、それを信じるしかありません。でもなぜ危ない橋を渡ってまで悪に手を染めるのでしょうか?

農水省の調べでは、「消費者の国産志向が強まった為に、中国産の在庫が積み上がる一方で、国産の調達が難しくなった為に偽装に手を染める事例がほとんど」という事であります。つまり、中国産では売れない、国産も手に入らない、このままでは倒産してしまうので、産地偽装をして切り抜けるしかないと判断しての事なのでしょう。

私たち消費者はなにを信じて買ったらよいのでしょう?今考えられる事は、国産表示でも疑うことです。そう言えば先日、野菜に生産者の夫婦の顔写真を貼っているものもまったくの偽装だったと言う事をテレビでやっていましたね。偽装も段々手の込んだ悪質ナものも出てきました。

こうなれば自分の直感力を磨くしか方法はありません!自分の食品に対する感性を磨く良い機会なので商品を前にして訓練してみて下さい。値段や商品の鮮度、色や艶、旬かどうかを総合的に判断します。当たったか外れたかは料理して食べたときにきっと分かるでしょう。(^^)

|

« お正月番組、「芸能人格付けチェック2009」② 宮崎牛とオージービーフについて | トップページ | 寝酒は健康に悪い ―熟睡の仕方― »

恐るべき食品」カテゴリの記事