« 医療について言えば、日本は世界的にみて特殊な国 | トップページ | 逆上がりが出来ない »

ぎこちなく走る子供たち

文部科学省が行っている「体力・運動能力調査」によれば、こどもの体力・運動能力は昭和60年頃から現在まで低下し続けており、その子供を持つ親の世代である30年前と比べると、ほとんどのテスト項目で親の世代を下回っています。そして一方では、ご存知のように体は大きくなっています。

 それにもかかわらず、身体能力が低下しているということは、現在の日本の社会全体に歪みをあらわしており、とくに学校現場では「記録以上に現状は深刻である」と考えられています。

 そんな中、先日小学校の運動会を見に行ってきました。わが子や近所の子供たちを応援するのだけでなく「今どきの子供たち」を観察する目的もあったので十分に楽しんできました。

 まず子供たちの競技を見て一番に感じた事は「走り方が下手」ということです。特に体の大きい子は、ドタドタと暴れながら走っているかんじがし、逆に体の小さい子の走り方はかっこがよく手足がスムーズに動いているようで整ったランニングフォームでした。体が小さいというと御幣があるかも知れませんが本来の日本人の体格の子供というべきかも知れません。他の子供が高タンパク食で大きくなりすぎているのです。

学校の先生に伺うと「走り方が下手なのは、鬼ごっこなど走る外遊びをしないせいでは」ということでした。また高学年でも、短距離走で決められたレーンを右に寄ったり左に寄ったりして、真っ直ぐ走れない子供や、運動場のトラックのコーナー部分でうまく体を傾けられず、スピードを落とさないと曲がれない子供、転んだときにとっさに手が出ず顔から地面に落ちる子供も目立つそうです。

 また他の学校でも、高学年の組み体操はかなり前から4段から3段になっており、理由は最近の子供はバランスをとる力が落ちているからと、骨が脆くなっている為か、練習中に上から落ちて骨折する子供が毎年のようにいるとか・・・。牛乳を飲んでいなかった時代より牛乳を毎日飲んでいる時代の子供のほうが骨折率が高いということは、一体どういうことであろうか?真弓小児科医院の真弓定夫医師の言うとおり、牛乳からのカルシウム摂取がいかに非効率であり、ヒトとしての食性に合っていないかが裏付けされます。

|

« 医療について言えば、日本は世界的にみて特殊な国 | トップページ | 逆上がりが出来ない »

日本一の小児科医の話」カテゴリの記事