« 朝食抜きとテレビの影響 | トップページ | 今週の名言 »

料理用語を知らない女子大生

食育は学校でするものではありません。家庭で親から受け継ぐものだと思います。しかし、今はそうなっていないのが現実です。

 例えば、料理教室に通う約300人の20~30歳代の女性受講生に、例示した料理用語を知っているかアンケートをとったところ、過半数の女子大生が「分からない」と答えたのは以下の通り。「すが立つ」「こそぐ」「吸い口」「観音開き」「千六本」。とくに大根をマッチ棒のようにせん切りにすることを指す「千六本」を知っている人は20人に1人となっており、料理用語としてすでに死語となっているとか。ちなみに「せん切り」の「せん」とは「千」ではなく「繊」が正しいそうです。

 他に聞いた話では、「出汁をとって下さい」と言ったら、出汁を捨ててしまったり(゜o゜)、「落し蓋を探して来て」と言うと、冷蔵庫の中の豚肉を探していたり(-_-;)、今までと同じようには行かなくなってきているとのこと。また女子大生のアンケートで得意料理の第2位は「目玉焼き」という結果がありましたが、目玉焼きを「得意料理」とするのはいかがなものでしょうか?しかも、これを恥ずかしげもなく堂々と言ってしまう・・・。

 この国の将来は、ちょっとヤバイかも・・・。                

|

« 朝食抜きとテレビの影響 | トップページ | 今週の名言 »

本当の食育」カテゴリの記事