« 技術の裏側、キャビアのフェイク食品「キャビアンヌ」! | トップページ | 回転寿司のイカやパック寿司のイカは本当に「イカ」なのか? »

技術の裏側 「ロングエッグ」

Photo Photo_2

ロングエッグは20年も前から、食品業界では重宝がられてきた傑作品です。普通ゆで卵を輪切りにすると端にいくほど黄身は少なくなり、白身が多くなってきますがこれがホンモノの卵の証拠。ですが外食産業では「ムダ」でしかありません。これを解決したのがロングエッグ。今では国産ものはないので、おそらく中国や東南アジア諸国からの輸入しているのではないでしょうか。用途はピザ、ファミレスやコンビニのサラダ、お子様ランチなど様々なメニューに使われています。

青いパッケージに入ったものは、ご丁寧にスライスしてあるのですが、今やこれが主流です。効率を考えたら、アルバイトに切らせる時間も手数ももったいないということでしょう。ただ袋を開けて並べるだけの仕事です。

作り方は黄身と白身を筒の中に別々に流し込んで作るといういたって簡単な方法。ですがホンモノの卵の原型を一切とどめない加工品ですから、ホンモノの卵が使われている保証はありませんぞ(-_-;)

|

« 技術の裏側、キャビアのフェイク食品「キャビアンヌ」! | トップページ | 回転寿司のイカやパック寿司のイカは本当に「イカ」なのか? »

恐るべき食品」カテゴリの記事